謂われなき立てヒザの詩

レストランまさひろのブログです(立てヒザなカンジで)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ニオイ

病院の売店に行ったら、消毒のニオイがした。

このニオイを嗅いだのは実に13年ぶりであろう。
狂牛病だかサリンだか、世の中がワケの分からん病気や毒で汚染されだしてから、なぜか病院の売店の、なんだか不健康そうな消毒のニオイはなくなった。

でも、小学校中学年まで入院少年であったレストラン氏は、このニオイが好きだった。

妹の聾学校やら会社やらで忙しい両親が見舞いに来ると売店に行き、仮面ライダーブラックが載っていて、なおかつ付録の付いているテレビマガジンを買ってもらった。

そしてテレビマガジンの話から隣のベッドに臥す同い年の笠井(名は忘れた)と友人になり、語り合った仮面ライダーブラックとシャドームーンの戦いの行方について妄想合戦は壮絶を極めた。

そして、一足先に退院した笠井がくれたシャドームーンのシール。

全て病院の売店が作り出した思い出である。


生きるための品物が売られているはずなのに、無闇な希望を患者に与えないかの様な、何か物足りない品揃え。そして死と不安と病原菌が濁った消毒臭。

品揃えはそのままだが、最近は消毒のニオイがしない。

いや、そもそも消毒のニオイではなく、また別の、原因不明の未知の病に臥し入院していた小生の不安だったのかも知れない。

陰鬱な病院とほのかに漂う消毒のニオイが奇しくも懐かしい思い出を呼び覚ました。

蕎麦を喰らい、シャドームーンのシールに励まされ治ってしまった小生のように、今はできるだけ多くの人が笑顔で、この売店を去ることが出来るを祈る。
スポンサーサイト
  1. 2009/11/14(土) 17:05:04|
  2. 鴨川滑走録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冷やし中華始めたい的な

1258035156-091110_1546~010001.jpg
商品前にして、この表記。

なぜ、ウソでも良いから『売れてます』にしなかった?
  1. 2009/11/12(木) 23:12:55|
  2. 鴨川滑走録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

結果、結果って言うけどさ

出来が良くても悪くても、前に進む気持ちがなければ結局何も変わらんと思うのですよ

だから倒れるなら前のめりにいきたいっつー気概で臨もう。

多分そういう気持ちがもっと必要だなぁ。ちょっと上手くいって、ちっちゃくまとまっちゃいかんだろうよ。

うん
  1. 2009/08/21(金) 00:06:04|
  2. 鴨川滑走録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

立てヒザの詩

1247325121-090209_1538~01.jpg
神様にどこかに閉じこめて見なかったことにしてもらう

伊坂幸太郎の小説に、そんな言葉があった。

この言葉は好きだ。

思い出せば

何度か神様を閉じ込めた記憶がある。

逆に神様に
『おいおい、それは俺から見てもやり過ぎ』
って言われたこともある。

どちらも、となりにいたのは同じ人だった。

誰か?

タバコの煙で顔を隠しているけど、多分あの人だと思う。




誰かって言われても教えないけどね。人の甘酸っぱい思い出ほど正視に耐えられぬモノはないのだ。
  1. 2009/07/12(日) 00:12:02|
  2. 鴨川滑走録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

物語があれば、そこに人は二人いる

ある人の話しを聞いて思った、人の話には結末がある。

でも、生きている限り、その結末には必ず続きがある。

少し前に亡くなったプロレスの三沢選手は斉藤選手のバックドロップで亡くなった。

三沢選手の人生は終わり、物語が一つ終わったと言えるかもしれない。

しかし、斉藤選手の物語には続きがある。それは斉藤選手が死ぬまで終わらない。

物語の裏には少なくとも、もう一つの物語が潜んでいる。それは人が心動かされるためには他の人との関わり合いが必要だからだ。

斉藤選手の物語はこれから。

こちらでは美談でも、あちらでは筆舌尽くしがたい悲しい話もあるかも知れない。

物語には少なくとも2つの側面がある。

だからむやみに良い話ってむずかしい。良い話って聞く人次第だな。そんな風に思った今日
  1. 2009/07/10(金) 09:12:02|
  2. 鴨川滑走録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。