謂われなき立てヒザの詩

レストランまさひろのブログです(立てヒザなカンジで)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

すべて独り言

目が見えない。
視力がた落ち。

しかし、大切な事が分かったから良いのだ。
やっぱり、こいつらスゲエと思った。

連絡取り合ったし、あとはいつ、メールで今回のお芝居のお誘いをするかドキドキしたり。

でも、2/6に来てもらえるだけで嬉しかったりする。
あと、鍋食べたい。

もうすぐ本番だ。
今日は結構よかった。

次にがんばるのは小生だ。
スポンサーサイト
  1. 2010/01/31(日) 03:38:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まあ、よかろう!

今日はめちゃくちゃ酷い日だったが、1日の最後にめっちゃ良いことあった。

なんかバランス取れてんなぁ。
よーし、よし。

トライガン終わってから(正確にはヴァッシュ対レガート終わってから)ヤングアワーズ読んでないが、今どうなっているのか?

ヘルシングとそれでも町は廻っているは単行本で読んだりしとるけど。
  1. 2010/01/19(火) 03:21:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナゴムバンドのヒーローたち

お正月に毎年やってる大槻教授とたま出版の韮澤さんが闘っとる幽霊、宇宙人特集に準レギュラーだった大槻ケンヂがいないので、何してるのかしらんと思ったら

筋肉少女帯復活してたのね。

池田貴族も死ぬ間際にはミュージシャンに戻ったし、最後は自分の帰るべき場所に戻るんだなぁと少し感傷に浸る。

頑張ってほしいです
  1. 2010/01/14(木) 12:15:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

思った事と、欧米か!

時々ブログってどこまで書いて良いのだろと思うのだが、
多分一番書いちゃいけないのは

ただ一言

『たすけて…』

だと思う。
緊急時はね、良いけど。世界発信する前に誰かに連絡しなさいよ。

ってカンジだが。


昔の映画でリーグ・オブ・レジェンドってのを見た。

クウォータ・メインやらネモ船長やらジキル&ハイドやらトムソーヤ、ドリアン・グレイやらが英国の危機を救うため同盟結んで悪を倒す的な話。

日本で言えば、
日本を救うため、八犬士や天草四郎や安倍晴明、義経、弁慶、平賀源内、宮本武蔵あたりが協力して謎の新興宗教の教祖を倒す話(かなり強引だが)


まあ、まだ時代整合性の取れたヨーロッパ中世のSFキャラが全員集合でした。

しかし、吸血鬼からの登場は串刺し公のヴラド三世でも、ヴァン・ヘルシングでもなく、たしかヘルシングの教え子の妻が何故か吸血鬼になってた。
透明人間もスキナーという盗賊になっていた(まあ、透明人間の原作主人公の博士はヤバメの犯罪者だからなぁ)。

なんか、日本人には馴染みない欧米ヒーローが集まる目的に、整合性与えるための追加設定加えた、非常に分かりづらい主人公たちでした。

ネモ船長(ノーチラス号)とかジキル&ハイドはカッコ良いと思う。

ドリアン・グレイはみんな知らんだろう。

主役のクウォータメインは小生も知らん。

トムソーヤはアメリカの諜報部員だった。出世した。

大ボスの正体はなかなか良かった。
こいつ出すなら、某名探偵も出せば良いのに。

なんかOROCHI無双とか、ファミコンジャンプなカンジで面白かったです。
  1. 2010/01/13(水) 11:54:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いらんイマジネーション

夢の中、小生の部屋の本棚に

ハリー・ポッターと秘密のアバンギャルド

という本が鎮座しておりました。

ハリー・ポッターも読んだことないのに…。

相当疲れておるようだ。銭湯行こう。

キンガシンネン

やっぱりこの言葉は良い響きだと思う。
なんか、カッコイい
  1. 2010/01/08(金) 16:00:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

意外と明るいものだ

1262791574-090122_2306~01.jpg
あけました、おめでとうございます

明けてから、だいぶ経ちましたが、今年もよろしくお願いします。

正月は久しぶりにテレビ観ましたが、すべてのチャンネルが芸人で埋め尽くされている。

芸人が認められるは良いことだが、それはそれでどうなのよ?
と思う。

オードリーの若林が地味に好きだ。
予想通り、ipponて番組で大喜利がうまかった。優秀したバカリズムと決勝闘って欲しかった。

最近思うのは、芸人の笑いって後ろ向きなのはない。
あるけど、あまり認められない。

ヒロシも卑屈ではなく、自分のダメな所を認めて淡々と話したから面白かったし、有吉もヒドいあだ名つけられた本人が思わず笑ってしまうあだ名つけるから面白い。

そう考え始め、正月の番組観てたら、

卑屈に、スゴい後ろ向きなネタをしてる芸人に東野幸治が

「君らおもしろくない。ネタ上手いけど、なんか気持ちが沈むもん」
みたいに言っていた。

それを聞いて
「こんな世知辛い世の中も捨てたもんじゃないな」
と思った。

意外に世間て明るいのかもしれん。

皆様も明るい年を過ごせますように。
  1. 2010/01/07(木) 00:26:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。