謂われなき立てヒザの詩

レストランまさひろのブログです(立てヒザなカンジで)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

思った事と、欧米か!

時々ブログってどこまで書いて良いのだろと思うのだが、
多分一番書いちゃいけないのは

ただ一言

『たすけて…』

だと思う。
緊急時はね、良いけど。世界発信する前に誰かに連絡しなさいよ。

ってカンジだが。


昔の映画でリーグ・オブ・レジェンドってのを見た。

クウォータ・メインやらネモ船長やらジキル&ハイドやらトムソーヤ、ドリアン・グレイやらが英国の危機を救うため同盟結んで悪を倒す的な話。

日本で言えば、
日本を救うため、八犬士や天草四郎や安倍晴明、義経、弁慶、平賀源内、宮本武蔵あたりが協力して謎の新興宗教の教祖を倒す話(かなり強引だが)


まあ、まだ時代整合性の取れたヨーロッパ中世のSFキャラが全員集合でした。

しかし、吸血鬼からの登場は串刺し公のヴラド三世でも、ヴァン・ヘルシングでもなく、たしかヘルシングの教え子の妻が何故か吸血鬼になってた。
透明人間もスキナーという盗賊になっていた(まあ、透明人間の原作主人公の博士はヤバメの犯罪者だからなぁ)。

なんか、日本人には馴染みない欧米ヒーローが集まる目的に、整合性与えるための追加設定加えた、非常に分かりづらい主人公たちでした。

ネモ船長(ノーチラス号)とかジキル&ハイドはカッコ良いと思う。

ドリアン・グレイはみんな知らんだろう。

主役のクウォータメインは小生も知らん。

トムソーヤはアメリカの諜報部員だった。出世した。

大ボスの正体はなかなか良かった。
こいつ出すなら、某名探偵も出せば良いのに。

なんかOROCHI無双とか、ファミコンジャンプなカンジで面白かったです。
スポンサーサイト
  1. 2010/01/13(水) 11:54:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ナゴムバンドのヒーローたち | ホーム | いらんイマジネーション>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rest53.blog68.fc2.com/tb.php/43-78559363
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。