謂われなき立てヒザの詩

レストランまさひろのブログです(立てヒザなカンジで)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

立てヒザの詩

1247325121-090209_1538~01.jpg
神様にどこかに閉じこめて見なかったことにしてもらう

伊坂幸太郎の小説に、そんな言葉があった。

この言葉は好きだ。

思い出せば

何度か神様を閉じ込めた記憶がある。

逆に神様に
『おいおい、それは俺から見てもやり過ぎ』
って言われたこともある。

どちらも、となりにいたのは同じ人だった。

誰か?

タバコの煙で顔を隠しているけど、多分あの人だと思う。




誰かって言われても教えないけどね。人の甘酸っぱい思い出ほど正視に耐えられぬモノはないのだ。
スポンサーサイト
  1. 2009/07/12(日) 00:12:02|
  2. 鴨川滑走録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<西の果てで | ホーム | 物語があれば、そこに人は二人いる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rest53.blog68.fc2.com/tb.php/8-74f463d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。